平成28年度 研究・研修計画

1 研究主題
 
「確かな学力」の向上を目指した学習指導のあり方
 
ーユニバーサルデザインの視点を取り入れた学習の工夫ー

2 研究目標
  ユニバーサルデザインを取り入れた授業の実践と個に応じ
 た指導の充実を本年度の研究の2本の柱とし、『確かな学
 力』の向上を目指した学習指導の方策を構築する。
  また、道徳教育の充実を通して生きる力を育む。
  

3 研究仮説
 
(1)ユニバーサルデザインを取り入れた授業や教育機器の
   積極的な活用により、生徒の理解力も高まり、学習意欲
   の向上につながるであろう。
 (2)個に応じた指導方法を工夫すれば、確かな学力を支え
   る基礎・基本が定着し、成就感や達成感を味わう機会
   が増すことによって生徒は主体的に学び続けるであろう。
 (3)道徳教育を充実させれば、豊かな心、生きる力が育ま
   れ、意欲的に学ぶ姿勢につながるであろう。
   

4 研究内容
 (1)わかる授業の実践と徹底
 (2)基礎・基本の定着を図り、個に応じた指導の充実
 (3)豊かな心を育てる道徳教育の充実