千葉市立末広中学校長
         藤 代  茂 雄

<学校は生徒が主役・教育は人なり>

 時代の流れとともに社会も変化し、生活様式の変容・価値観や家庭教育の複雑化・多様化しているが、いつの時代にあっても次代を担う子供の教育は必要不可欠である。
 学校はこの複雑化・多様化した課題に取り組み、子供たちに個人の能力を伸ばし、社会において自立的に生きることができる基盤を培い、社会の形成者として、必要とされる基本的な資質を育むことが求められている。これに対応すべき学校は、教師自ら研鑽を積み一人一人の子供を大切にする教師の指導力・人間力を高め、組織として全教育活動に取り組みたい。

 また、千葉市の教育施策の基調「人間尊重の教育」に基づき、本市教育目標である「自ら考え、自ら学び、自ら行動できる力を育む」具現化に向け、本校の目指す生徒像「賢く、優しく、逞しい」職員一丸となり取り組み、生徒の心を育てたい。


    ・ハイという      素直な心
    ・すみませんという   反省の心
    ・わたしがしますという 奉仕の心
    ・おかげさまという   謙虚の心
    ・ありがとうという   感謝の心


1「生徒とともに向上する教師」(師弟同行)

(1)教科指導・生徒指導のプロになる
(2)自分の時間も大切にする
(3)様々な人と交流する

2「生徒を心から大切にする教師」(教育愛)
(1)質の高い授業を絶えず用意する
(2)生徒の言動に対して鋭敏な感覚を持つ
(3)生徒の心を深く理解する
(4)紳士・淑女として生徒に接する

3「バランスのとれた社会人になる教師」(人間性)
(1)よき職業人である
(2)よき家庭人である
(3)よき地域人である

4「機能的な協力体制をつくる教師」(協調性)
(1)教育活動や生徒・保護者・地域の実態などについて
   の共通理解をする
(2)校務全般において直接の担当者が企画・推進し、他
   の職員が役割を分担する
(3)互いに立場や職務について尊重しあい、各自全力を
   尽くす

5「教育活動を家庭・地域・他の学校に十分PRする教師」
  (誇りと信頼)

(1)地域の人々にできるだけ学校へ来ていただく
(2)教職員が様々な機会を捉えて、地域へ出て行く
(3)地域からの反応や意見を十分キャッチして学校教育
   の改善に役立てる
(4)広報活動を有効に取り入れる

トップページへもどる


 

学校長より