あなたは番目のお客様です。

新年明けましておめでとうございます
校長 升川 光博

昨年一年間、保護者の皆様、並びに地域の皆様には、本校に対し多大なるご支援をいただき、誠にありがとうございました
 さて、私は今年、生まれ故郷の山形で正月の元旦を迎えました。大晦日までは、町中は活気に充ち、人々はせわしく動き回っているのに、一夜明けた元旦の日は、これが同じ町であったかと思われる静けさなのです。登る太陽の光まで、まったく新しい光のように感じます。時間的には、昨日が終わって、今日が始まっただけなのにどうしてなのかでしょうか・・・。

人は、一定の時間の移り変わりの中に、自分の意志で区切りをつけ、生活に一つの節をつけ、生活を律したり、楽しんだりしていこうという知恵があるのではないかと思います。四季がはっきりしている日本は特にその傾向が強いと感じます。学校生活も、これと同じです。

 いよいよ、後期後半の学校生活が始まります。残り3か月、登校するのは50日程度です。その間に、今年度のまとめ、進級、中学校入学への準備を行うことになります。「なぜ勉強するのか」という学ぶ意欲を大事にしながら、学校生活を子どもたちが楽しめるように教職員一同、誠心誠意努力してまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。