ライン

チャレンジ・オープン・フットワーク

ライン

1 経営の基本

 教育関係諸法令にのっとり,学習指導要領をふまえ県・市の重点施策や重点目標を考慮し,地域や児童の実態にあった学校教育計画を立案する上で,下記の事柄を経営の基本にすえ(教職員とともに)教育実践を推し進めることとする.

(1) 児童は社会の一員であることを自覚させる.
  教職員はお互いの信頼と強調の上で教育活動に専念し,児童には社会に対する良好な人間関係が構築できるように努める.
(2) 児童が物事に興味・関心をもち,生涯にわたって学習し続ける態度を培う.
 教職員は児童に基礎・基本の定着と自ら学び自ら考える力が備わるよう教育活動に邁進する.
(3) 児童が生涯にわたって健康・体力面での基礎づくりと自分の身の安全の確保ができるようにする.
 教職員は,児童が健康や安全面を常に自覚できる態度が保てるよう留意して教育活動にあたる.
(4) 教職員は家庭および地域社会との連携を深め,教育活動の共有化に努める
 教職員は,家庭および地域社会との情報交換を蜜にすることにより,児童の実態把握に努める.また,関係諸機関の手助けを得る.
(5) 教職員は,児童の体力・運動能力の向上を目指し,具体的なめあてに向け努力をさせる.


2 学校教育目標


心豊かで向上心をもち,実践力のある子どもを育てる 〜チャレンジ・オープン・フットワーク〜

【目指す児童像】
1 元気はつらつとしている子  休まず登校,元気にあいさつ,体を鍛える.
2 思いやりのある子  相手の嫌がることをしない,言わない.困っている子に手助けができる子.
3 やりぬこうとしている子  学習をやりぬく,係・仕事をやりぬく.約束事を守る.

『わくわく登校,いきいき生活,にこにこ下校!』


3 経営の方針

〇 幸町第四小学校は小規模の学校であり,小規模校の長所を生かした学校経営に努める.
〇 学校内の児童どうし,近隣校(小学校,中学校,幼稚園や保育所など)との積極的な交流を図り,人間関係を豊かにする.
〇 小規模であることを生かし,全教職員で目配りの行き届いた指導にあたる.
〇 二校間(幸一小・幸四小)の積極的な情報交換や交流,連携を図り,統合に向けての移行がスムーズにいくようにする.

Copyright (C) 千葉市立幸町第四小学校. All Rights Reserved.