ライン

チャレンジ・オープン・フットワーク

ライン

学校評価について

学校評価とは

 学校評価は,子どもたちがよりよい教育が受けられるよう,学校の教育活動等の成果を検証し,学校運営の改善と発展を目指すために,実施されます.
 平成14年改訂小・中学校設置基準に明示され,平成19年改正学校教育法により,保護者・地域の皆さんの理解を深め,連携・協力の推進を図るために,学校運営の状況に関する情報を積極的に提供するものとして,規定が盛り込まれています.


平成24年度 教育活動についてのアンケート

集計結果報告(平成24年10月30日)

 9月の下旬に,児童・保護者・教職員に教育活動に関するアンケートを実施し,それぞれの立場でどのように考えているのか,評価しました.
 その集計結果報告(家庭配布資料)は,こちらにもあります.


 

ライン

対策について
 学力に関することについては,残された半年を有効に活用して,効果的な学習を構成する必要があります.そのため,基礎・基本と思考・判断・表現のそれぞれの学力について,重点化して取り組みます.

《具体策》
基礎・基本の力を高めるために
  • 繰り返しを要する学習(ドリル・宿題)については,徹底して取り組ませていきます.
  • こまめに小テストなどを実施し,児童の伸びを実感させたり,学習の重要性を再認識させたりしながら取り組ませていきます.
  • 前述の2点について,保護者に協力をお願いし現状の理解と学校と家庭のぶれない指導(児童への接し方)を試みていきます.

思考・判断・表現の力を高めるために
  • 児童に,話し合いや活動の視点を明示していきます.
  • 学年の発達段階に応じた,作文指導(字数制限・要約)などを取り入れていきます.


ライン

全体的な傾向

児童・保護者・教職員とも,おおむね肯定的な回答が得られました.

 本校の児童を一言で表現すると,『毎日元気に登校しているが,日常的に読書をすることは苦手な子』と言えます.
 意識の現れについて,次のような傾向が見られます.

  • 【元気に登校】【早寝・早起き・朝食】について,三者の認識のずれは少ない.
  • 【授業はわかりやすい】【最後までやり遂げる】【安心安全な登下校】【地域行事への参加】について,二者は似た感じ方をしているが,一者は違う.
  • 【勉強がわかる】【自らの学習に取り組む姿】【外出後のうがい・手洗い】について,三者三様の認識を示している.

ライン

児童の意識について

【元気に登校することができた】【安全安心な登下校ができた】と回答する児童の割合が多い.
その要因として,
  • 日常生活での悩みごとや不安材料が少ない.または,すぐ解決できる.
  • 充実した毎日を過ごすことができた.
  • 健康である.(欠席率が低い)
  • 学区内に危険箇所が少い.

【たてわり活動】について,肯定的なとらえ方をする児童の割合が高い.
その要因として,
  • 定期的に実践してきた異年齢活動や給食.
  • 学校規模が小さく,顔を合わせる機会が多い.

【非常変災時の対応】について,肯定的なとらえ方をする児童の割合が高い.
その要因として,
  • 訓練の成果
  • 機会をとらえた指導

ライン

保護者の意識について

【学校のきまり】【学校からのたより】【先生への相談のしやすさ】については,児童・教職員より高い評価を示している.
その要因として,
  • 子どもたちの様子
  • 学校からのプリントを通して
  • 担任の対応

【家庭学習の取り組み】【俳句づくり】については,児童・教職員より評価が高く,期待(されて)していることがわかります.

【日常的な読書】については,児童・教職員より評価が下る.
その要因として,
  • 帰宅してから,週末などの子どもたちの行動(読書活動)への不満が考えられる.

児童に意識が育ってきたことが考えられます.

ライン

教職員の意識について

【元気に登校することができた】【安全安心な登下校ができた】について,児童と同じ傾向が認められ,評価も高かった.

【勉強がわかる】【自らの学習に取り組む姿】については,児童・保護者より低い評価.を示した.

ライン

保護者の方の声から

  • 俳句活動は,他校でも行っているところが少なく,驚かれます.図書館(公民館)の掲示も評判がよいです.ロックソーランと合せて,ぜひ統合後も残していただけたらと思います.
  • (指示のない)自分で考える避難訓練をできたら行っていただきたいです.家庭でも通学路や放課後など,考えて話していきます.
  • 他学年でウィルス性胃腸炎が出た時に,学校ではトイレ・昇降口・教室も全て別にして感染予防に努めてくださったと,子どもから聞きました.普段から手洗い・うがいも指導してくださっているおかげで,病欠がありません.いつもありがとうございます.

Copyright (C) 千葉市立幸町第四小学校. All Rights Reserved.