《千葉市養護教育センター》
《千葉市教育委員会》
《千葉市HP》
本文へスキップ

Cabinetは、千葉市教育センターを中心に、小・中・特別支援学校・養護教育センターを結ぶ学習用ネットワークです。

TEL. 043-285-0900

〒263-0021 千葉県千葉市稲毛区轟町3-7-9



学校風景写真展学校風景写真展


令和元年度 学校風景写真展  応募作品一覧

 学校風景の一瞬をとらえた優れた作品やアイデイア溢れる作品の審査が行われました。教育長・教育次長・学校教育部長・教育センター所長及び教育センターの全職員が審査しております。
 教育長賞1点、教育次長賞1点、学校教育部長賞1点、教育センター所長賞1点、特別賞3点を選定しました。ご来所の際には、ぜひご覧ください。2階廊下に展示してあります
    
教育長賞 50年桜とともに
桜木小学校
 保護者や地域の方々の想いを知る桜は、子どもの成長を半世紀見守り続け、深い感動を与えてきたと思います。
 人生100年時代という中、毎春、次世代の子ども達にも夢を与えるように、これからも美しく咲き誇ってほしいと思います。そして、皆さんは学びの窓から見える桜に思いを馳せ、目標に向かって頑張ってください。
教育次長賞 学校に着いたよ!
金沢小学校
 青少年育成委員会と地域の方々が協力して制作したカラフルな足跡ペインティングは、地域ぐるみで子どもたちを守り育てていくという、とても温かな「愛情」を感じさせるものです。子どもたちは写ってはいませんが、登校してくる様子が目に浮かぶようです。学校の一つの象徴を映し出した素晴らしい写真です。 
学校教育部
部長賞
屋根より高くはないけれど
若松中学校
 家庭や地域では、このような大きな鯉のぼりを見ることが少なくなりました。子どもたちにとって、とても新鮮であり、嬉々として触る姿が思い浮かびます。
 今後も、季節感を大切にし、学校生活に潤いを持たせる取組を期待しています。
教育センター
所長賞
140年の歴史を背負って
長作小学校
 明るい日差しの中、カメラを構える先生に向日葵の花が「先生、何を撮っているの?」とレンズをのぞき込んでいます。
 140周年の看板にピントを合わせながら「あなたも一緒に写ってね」とシャッターを切った撮影者のストーリーが垣間見えます。
 後ろの向日葵は「あー、あれか」と看板を見ているようです。ちょうど薄曇りのためか濃い陰影ができず、優しい写真になりました。

       
No 学校名  応募作品のタイトル
小中台小学校 春の絵を描く会の子どもの視点から  
あやめ台小学校 最後の雄姿 特別賞
大宮台小学校 真っ赤にもえる紅葉 特別賞
柏台小学校 元気いっぱい 笑顔いっぱい
幸せいっぱい 柏台
幸町第三小学校 新しい時代の幕開け
稲浜小学校 いなはまの里に夏が来た
みつわ台南小学校 いよいよ完成
花見川小学校 組体操で甲羅干し 特別賞
第二養護学校 二養の木
10 教育センター 盛夏


学校風景写真展トップへ戻る