連続的な学びと成長のために
<教職員の連携> <児童生徒の交流・連携>
○指導観の共有化を図る

 @研究組織の確立
 
 A全体、部会計画の作成

 B部会全体の実践
   実態把握、情報交換
   →指導内容の系統性
   →指導の継続性
○意図的・計画的な交流

 @総合的な学習の時間での交流

 A学校行事等での交流
V 研究のまとめ (PDF)
 1 円滑な連携に向けて
 2 連携教育モデル構想図
U 研究内容 (PDF)
 1 教職員の連携
 2 児童生徒の交流・連携
T 研究概要
 1 研究主題
 2 研究の目的
 3 主題設定の理由
 4 研究目標
 5 研究の見通し
 6 研究計画
小中連携による教育活動に関する研究