年齢のたずね方・答え方
英語活動、小学生、単語、会話
年齢をたずねたり、答えたりすることは、主に自己紹介や家族紹介をするときである。本コンテンツは自分や家族の年齢を自由に入力でき、子どもたちが楽しみながら主体的に年齢のたずね方や答え方を身につけることができる。
コンピュータ室、英語活動室、普通教室、コンピュータ、プロジェクタ、フラッシュカードなど

過程
学習活動
教師のはたらきかけ、資料等
導入
○あいさつをする。
・Hello! Nice to meet you. …
・My name is …
○数の数え方の復習をする。
・1から100までの数え方
○家族の呼び方(の復習)を学習する。
mother father brother sister
grandmother grandfather …
 

・英語活動の習慣として位置づけ、スムーズかつスピーディーに行わせる。・年齢を答えるときの足がかりにする。・フラッシュカードを使って子どもたち
に家族を英語で答えさえる。
・歌のリズムに合わせて発音させるのも
よい。

展開

○年齢をたずねたり、答えたりする際の2つのパターンについての言い方について学習をする
【自己紹介】
・How old are you?
I'm ○○years old.
【家族紹介】
・My father is ○○years old.
○学習コンテンツを利用して、年齢のたずね方・答え方を聞く。
【自己紹介編】
・自分の年齢を入力し、自分の年齢の答え方や相手の年齢のたずね方について知る。
【家族紹介編】
・家族の年齢を入力し、家族の年齢を紹介したり、自分の年齢との差の言い方について知る。
○自分や家族の年齢をかえてみて、年齢の違いによる言い回しの様子を調べてみる。
○学習コンテンツで練習したことをいかして実際に、友達同士で年齢のたずね方、答え方について会話を行わせる。
・自己紹介編をもとに、年齢をたずねたり、答えたりする。
・さらに、家族紹介編をもとに家族の年齢について話をする。
・いろんな人に紹介し合う。

・自己紹介の時は、I'm ○○years old.
 家族紹介の時には、My father is ○○years old.と大きく2つに分けて説明を行う。
・自己紹介編から行うように指示する。
・発展については、余裕のある子や展開時間に余裕があれば行ってもよい。
・子どもたちが、自信を持って対人間と会話ができるようになるまで、じっくりシミュレーションをさせる。


・年齢の違いによる言い回しに違いがあ
ったか子どもに発表させてもよい。・周囲をまわりながら、子どもの会話の様子や答え方を聞き、必要に応じて支援を行う。

まとめ

○年齢のたずね方、答え方について再度、復唱する。
・How old are you?
・My     is ○○years old.

 


・自己紹介や家族紹介の中で、年齢についてたずねたり、答えたりする場面を作って、年齢のたずね方、答え方についての言い方を理解させる。コンテンツ内に発展的な内容を取り入れ、自分と家族との年齢差についての言い方についてもふれた。


※プリントする時には、背景をプリントにチェックを入れると枠が印刷されます。