わくわく千葉市探検
英語活動、小学校、中学年、方向、聞き取り
実用的な会話を楽しむためのコンテンツであり、ゲーム感覚で楽しみながら、英語を正しく聞き取る力を養う学習活動である。
普通教室、コンピュータ室、絵カードなど

過程
学習活動
教師のはたらきかけ、資料等
導入
○道案内に必要な言葉を知り、練習する。
・進む方向を表す言葉を練習する。
・位置を表す言葉を練習する。
・絵カードを使って全体で練習する。

・コンテンツにある言葉を使って練習する。
・児童が自信をもって言えるように工夫する。
・絵カードを使って実際に動き方を見せる。

展開

○コンテンツの「チャレンジ」で千葉市探検を行う。
・音声を聞き取りながら目的地に向かう。
・1つの目的地にゴールできたら、ほかの目的地を選択してやってみる。

・コンピュータの発音やアクセントに気をつけながら聞き取るよう助言する。
・コンピュータの音声を復唱しながら操作させる。
・うまく聞き取れない児童に対しては教師が積極的に関わって支援する。

まとめ

○今日の活動について感想を発表する。
・うまく聞き取ることができた。
・目的地に行くことができた。
・道案内の言葉を覚えた。
○活動を振り返り、カードに記入する。
・楽しく活動できたか。
・会話を理解できたか。

・行った目的地やうまく聞き取れたことを発表させる。


・道案内の場面を視覚的にとらえながら,自分が探検する立場となって楽しめる内容である。ゲーム感覚で聞き取り練習ができるので意欲をもって取り組める。また,ゴールをするとそれぞれの目的地の説明が流れるので,社会科の千葉市の学習とも関連付けられる。
・児童が慣れてくれば、自主的に取り組むことのできるコンテンツである。


※プリントする時には、背景をプリントにチェックを入れると枠が印刷されます。