なにしているの
英語活動、小学校中(高)学年、会話
日常生活の中によく出てくる簡単な動詞を動作と結びつけて覚える。また、コンテンツを使い自分のペースで、何度も発音を確認しながら練習し、英語で言えるようにする。
コンピュータ室、普通教室、コンピュータ、絵カード、CD

過程
学習活動
教師のはたらきかけ、資料等
導入
1.動詞が出てく歌を歌って英語学習の雰囲気作りをする。
2.今日の学習のめあてを知る。

・ 手持ちのCD の中から簡単な歌を一つ歌う。

何をしているの(What are you doing?)に答えてみよう。
   
展開

3.いろいろな動詞を知り、発音練習をする。
・ コンテンツを使い10の単語の発音練習をする。
・ 動詞が動くと「〜ing」になることを知り、〜ing型の発音練習をする。
 

4.各自のペースで、何度も発音し、単語や会話に慣れる。
・ 覚えたら、クイズ画面で、楽しみながら、発音し、学習の成果を確かめるてみる。
・ 2人組で、クイズ形式にして、会話を楽しむ。
・ コンテンツを使い今日学習した表現の復習をする。

・カード
・PC 
・モニター
・ボール、ノートなど身近な道具を用意しておく。・ コンテンツの練習を利用し全員で
1)動詞の練習をする。
2)コンテンツのアニメーションを動かしながら、〜ing型の練習をする。
3)

what are you doing?
I'm〜ing.

の練習をする。
・ 一人一人が自信をもって言えるように教師も児童と一緒に大きな声で発音する。
・ 自分でコンテンツを使い練習したり、ゲームをしたりしてIユm〜ing.の表現を身につけることができるようにする。

まとめ

5.今日学習した表現を復習する。

・ 教師のWhat are you doing?に
Iユm〜.で答える練習をする。
※発展として Simon says〜please.のゲームをして楽しむこともできる。
Simon says〜の後に今日練習した動詞を入れ動作化して楽しむようにする。「Simon saysが 入っていなければ動作化しない」「Simon says が入っていれば、動作化する」というルール を確認しゲームをする。

・動作を視覚的に捉え、「何しているの。」「〜しているんだ。」といった日常会話の練習をすることができる。慣れてきたら、クイズを楽しむこともでき、楽しみながら学習活動を進めることができる。
・ このコンテンツで使用している動詞:walk---walking run----running、jump---jumping、eat-----eating、drink---drinking、sleep---sleeping、read---reading、sing---singing、swim---swimming、study---studying


※プリントする時には、背景をプリントにチェックを入れると枠が印刷されます。