英語の5つの母音の発音をマスターしよう
中学1年英語学習導入時(必要なとき随時、何度でも)、フォニックス、母音の発音
 英語の5つの母音の“アルファベット読み”と“音読み”の違いを確認する。この違いを理解できれば、今後単語の読み方やスペルを覚える際に、とても有効である。
教室・コンピューター室・コンピュータ・プロジェクター

過程
学習活動
教師のはたらきかけ、資料等
導入
○あいさつ
○歌
○ラインゲーム

・ 明るく楽しい雰囲気を作る。
・ 既習の表現を使って、どんどんQ&Aを行う。

展開

○ペア会話練習
(自己紹介など)
○アルファベット発音練習
○アルファベット聞き取りかるたゲーム
○母音の“音読み”の練習

・ 本日の目標である基本の表現を導入した後、ペアの相手をかえてどんどん繰り返し練習させる。相手のレベルに合わせて発展できるように(文章や質問を1つ増やすなど)工夫させる。
・ 26文字のアルファベットの発音を練習し、その後聞き取りを兼ねてかるたゲームを行う。
・ アルファベットには、アルファベット読みの他に“音読み”があることに注意させ、母音の2通りの発音を練習させる。

まとめ

○ペンマンシップを使って、アルファベットを正しく書く練習。

・4段の中にきちんと文字がおさまることを意識させて練習させる。


(1) 学習展開で利用したコンテンツ
・コンテンツ名:英語の5つの母音の発音をマスターしよう
・コンテンツ内容:英語の5つの母音の2通りの発音方法が、音声と映像で確認でき練習できる。音楽に乗って楽しくリズムよく学習できるので、繰り返し使うと有効である。