Let's go shopping!
小学校、低・中学年、英語活動、買い物の仕方
 本単元では,生活の中でよく使う物の名前を知り、買い物ゲームを通して簡単な会話表現を身に付けることをねらいとしている。会話の仕方は教師が模範を示すのが好ましいが、一人では十分に行えなかったり、発音も満足できるものではなかったりと問題がある。そこでコンテンツを用いることにより、何度も繰り返し会話の仕方を練習でき、正しい発音を身に付けることが可能になると考えられる。またフラッシュカードの代わりに、コンテンツを用い、発音練習を繰り返し行ったり、スピードを調節して行ったりでき有効的に学習が行えるであろう。単に会話の模範を示すだけではなく、コンピュータを相手に会話練習ができることも魅力である。
普通教室・ノート型パソコン・プロジェクター・スクリーン

過程
学習活動
教師のはたらきかけ、資料等
導入

○挨拶をする。(Helloを歌う)
○歌を歌う。(Shopping is Fun)

・楽しく英語活動に参加できるような雰囲気づくりをする。
・買い物をするときに使う会話を歌を歌いながら復習する。
・何度も繰り返し発音練習することにより、耳から覚えられるようにする。
・速さについていけないときには、スピードを遅くして練習できるようにする。
・会話の仕方を提示するだけではなく、指名し、コンピュータ相手に、お店屋さんとお客を交互に練習できるようにする。
・買い物の際に会話がなかなか出てこないときには、コンテンツを見せ、もう一度確認をするよう声かけをする。
・進んで会話できる子どもたちには、今までに学習した単語なども組み合わせ、会話するよう助言する。(色や数)
・楽しく歌うことで、今後の英語活動の意欲を高められようにする。

展開

○コンテンツを用い、品物の名前や買い物をする際の英語表現について学習する。
○それぞれのグループに分かれてお店屋さんをオープンする。
・売り手と買い手に分かれ、買い手はいろいろなお店に行く。
・売り買いの会話をし、品物を買う。

まとめ

○終わりの挨拶をする。
(Good bye to youを歌う)



(1) 学習展開で利用したコンテンツ
・コンテンツ名:Let's go shopping!
・千葉市独自のデジタルフラッシュカード