星の動き
 

オリオン座の星の動き

小学校 4年生 理科 星の動き オリオン座の星の動き
冬の代表的な星座であるオリオン座の観察を通して、星の集まりの並び方は時刻によって変わらないが,位置(方角)が変わることを理解させる。
自宅での星座の観察を行うための事前指導に用い、実際の星の位置や星の並びを予想しながら観察できるようにする。また、児童が観察できない深夜から早朝の星の動きを理解させる。
理科室またはコンピュータ室

過程
学習活動
教師の働きかけ・評価
導入
冬の夜空に見える星について知っていることを話し合う。 月の観察を想起させる。
展開

インターネットで冬の星座を調べる。
冬の星座について調べたことを発表する。 星はどのように動くのかを予想し話し合う。
冬の代表的な星座(オリオン座)の位置や大まかな動きをコンテンツで確認する。
家での星の観察方法や記録の仕方を話し合う。
・観察する場所,時間
・観察カードの記録の仕方
・星座早見の使い方

検索の仕方を確認し、冬の星座を詳しく調べるようにする。月の動きの学習をもとに考えるようにする。

コンテンツの操作の仕方を確認し,時間を色々変化させながら,星の動きの変化を見るように声をかける。

月の観察方法を想起させ,星も同じように観察すればよいことを知らせる。

まとめ
星は時間とともに東→南→西の空を通り、星の並び方は変わらない。
コンテンツ上の星の動きを比較し,確認する。

(1)学習展開で利用したコンテンツ
  「星の動き」Cabinetコンテンツ
(2)参考にできるコンテンツ
  OPEN 教材ソフト紹介 理科
  http://open.prop.or.jp/kyouzai/html/rika.html#orion オリオン座の位置と動き
  星座早見盤 http://www.u-sys.net/seiza/seiza4/seiza4.html