天気の変化
 

天気の変化

小学校,5年生、理科、天気、雲、動き
連続した雲の写真を連続して観察し、また、それに対応した天気を観察することで、雲の動きの規則性、天気との関係をつかませる。ビデオとは違い、時間の送り戻しが容易にできるため、規則性がよりとらえやすくなり、また、実際に撮影した千葉市の空の画像を用いて、雲の動きと天候の変化の様子を関連させて理解させる。
理科室または普通教室、コンピュータ、プロジェクタまたは大型テレビ(電子黒板)

過程
学習活動
教師の働きかけ・評価
導入
天気予報を見る。 録画したニュースの天気予報を見せる。
「天気予報士の人は、どのようにして天気を予測しているのでしょう。」

展開

雲の動き方に決まりはあるのだろうか?

家で切り抜いてきた数日間分の新聞天気予報を見る。

気づいたことをノートに書かせる。
気づいたことを発表する。

コンテンツを自分の予想と比べながら見る。
雲の動きに着目し、もっと時間がたつと、千葉市はどのような天気になっていくか予想する。

新聞によって大きさや表記の仕方が違うので、雲画像に着目させるようにする。
雲があるところ、無いところの天気を予想させる。

「雲の動きと天気の変化」
プロジェクターでコンテンツを映し出し、連続した雲の動きを見せる。
雲の動きにともなう天気の変化を予想させながら、ゆっくりと時間を進めていく。
千葉市の空の映像にも着目させる。

まとめ
ノートに結果をまとめる。
「雲は、(  )から(  )へ動いていく」
方角でまとめさせる。

(1)学習展開で利用したコンテンツ
  ・「天気の変化」Cabinetコンテンツ
  連続した雲画像を送り、戻しを容易に操作できるコンテンツ。
(2)参考になるコンテンツ
  日本気象協会 http://www.tenki.jp/him/2t000.html 
  過去8時間分の衛星画像の動画がある。