とじこめた空気と水
 

空気でっぽうと水でっぽう

小学校,4年生,理科,空気,水,空気でっぽう,水でっぽう,空気の体積変化
空気は押し縮めることができ,水はできないことを学ぶが、空気でっぽうと水でっぽうの両方とも押すととび出すつくりから、なぜか水も押し縮められるのだと錯覚してしまう。目に見えない空気と水が、てっぽうの中で押されたときに起こる体積変化の様子を見せて、両者の性質の違いを理解させる。
理科室、普通教室、コンピュータ、プロジェクターまたは大型テレビ(電子黒板)、空気でっぽう、水でっぽう

過程
学習活動
教師の働きかけ・評価
導入
1 空気でっぽうの玉や水でっぽうの水がとび出す様子をみる。 ・「なぜ,前玉や水がとびだすのだろう。勉強してきたことを思い出してごらん。」と投げかける。
展開
2 空気でっぽうと水でっぽうの両者を試してみる。
3 前玉や水がとび出したわけをイメージ図を使ってかく。
4 3の図を使って両者のちがいを発表し合う。
・両者のつくりの違いをよく観察させる。
・前玉や水がとび出すまでの時間や筒の目盛,手ごたえなどを比べさせる。
・目に見えない空気や水の体積変化に着目して表現しているものをとり上げて話し合わせる。
まとめ
5 コンテンツを見ながら,学習のまとめをする。 ・動画になっているので,普通のスピードやゆっくりモードをうまく組み合わせて,視点をはっきりさせて,くりかえし児童に見せる。

(1)学習展開で利用したコンテンツ
  「とじこめた空気と水」Cabinetコンテンツ
(2)参考になるコンテンツ
  「キッズひむか」の「理科の部屋」 http://kids.miyazaki-c.ed.jp/rika/index.htm 
 ・かぐらちゃんのクイズを使うと児童が各自で楽しく単元のふりかえりができる。