Cabinet topページへ
学 習 指 導 教 科 指 導 学 習 指 導 教 科 指 導 学 習 指 導 教 科 指 導 学 習 指 導 教 科 指 導
学 習 指 導 教 科 指 導 学 習 指 導 教 科 指 導 学 習 指 導 教 科 指 導 学 習 指 導 教 科 指 導
教育指導課・教育支援課の課報「焦点」を掲載しています。
ナンバーをクリックするとご覧いただけます。
平成30年度

号 外
6月
○ 千葉市の教育課題の解明をめざして ○ 平成30年度研究指定校一覧
平成29年度

NO.127
3月
○ 「チーム学校」で一人一人に適した指導・支援を
○ きっかけづくり
○ 普段の中にこそ
○ 自分なりの「答え」を
○ 確かな学力を育むための学校図書館の活用
○ 教員研修の体制整備「千葉県・千葉市教員等育成指標」の策定 大切なのは・・・
○ これからの不登校児童生徒への支援
○ 「いじめ防止対策推進法」への対応
○ 心理のプロ、教育のプロ

NO.126
12月
○ 確かな学力を育む“生きた学び”を目指して
○ 音楽科に求められるものは〜1/473を意識して〜
○ 産業系専門高等学校の魅力をとおして
○ 予測困難な時代〜人工知能VS人間〜
○ 授業研究のすすめ
○ 特別支援教育における社会に開かれた教育課程
○ ようたいきょうって何?
○ よりよく生きるために〜道徳教育・人権教育の充実〜
○ 「つなげる」こと
NO.125
9月
○ 「見方・考え方」を働かせた質の高い学びを目指して
○ 授業における生徒指導の大切さ 〜コミュニケーション力の高い教師に〜
○ 子どもたちに豊かな体験を
○ 生徒指導の理論を「学ぶ」
○ 「事実」の奧には「真実」がある
○ World Peace! 〜世界の平和を願って〜
○ ちょっとした「コツ」
○ 10年・・・
○ 「スタートカリキュラム」
号 外
6月
○ 千葉市の教育課題の解明をめざして ○ 平成29年度研究指定校一覧
平成28年度
NO.124 3月
○ 蓄積の上に、創意工夫を
○ 長なわ跳びと学習指導
○ 交流活動のすすめ
○ いじめ未然防止を日々の授業で
○ これからのキャリア教育
○ 音楽発表会を終えて
○ 第59回総合展覧会を終えて
○ 教職員としての資質・能力の向上を目指して
NO.123
12月
○ 豊かな心を育むために
○ 「ともしび」「本だな」を活用した学び
○ 郷土教育の充実を目指して
○ 登校できる安心感への支援を
○ 幼児教育と小学校教育との接続
○ 道徳教育と人権教育
○ いじめの認知〜いじめの定義の解釈〜
○ 必要な支援を「つなぐ」ことの大切さ
NO.122
9月
○ 時代が変わっても
○ 「深い学び」の実現のために 〜9年間を見通した指導・支援〜
○ 全国学力・学習状況調査について
○ 母国と日本の架け橋になる
○ 生徒指導の「常備薬」を
○ Catch the Wave! 〜時代の波に乗る〜
○ 理科教育の推進について
○ 子ども議会の意義
号外 6月改訂版
○ 平成28年度研究指定校一覧(改訂版)
号 外
6月
○ 千葉市の教育課題の解明をめざして ○ 平成28年度研究指定校一覧
平成27年度
NO.121
3月
○ 故きを温めて・・・
○ 自ら考え、自ら学び、自ら行動できる力の育成
○ 校内研研修のさらなる充実を
○ 道徳教育用教材『千葉市に生きる』の活用を
○ 多様な学びの場
○ 学校問題解決推進事業の活用を
○ 不登校の解消に向けて
○ 「チームとしての学校」づくり
NO.120
12月
○ 生徒指導の充実のために
○ 学校図書館の機能を生かした教育課程の編成を
○ 「子ども議会」の開催をとおして
○ SSW活用のすすめ
○ 宿泊体験活動への期待
○ 幼児教育の小学校教育との接続〜「スタートカリキュラム」を通して〜
○ 「きこえにくい」子の指導〜「きこえのQ&A」より〜
○ 話合いの楽しさ
NO.119
10月
○ カリキュラム・マネジメントを
○ 指導と評価の一体化を図るために
○ 「魅力的な学校づくり」の推進
○改革の最中の英語教育〜前期を終えて〜
○「合理的配慮」について
○社会科教育の充実に向けて
   〜子どもの心に灯をつける〜
○外国人児童生徒等への指導について
○理科の観察・実験指導等に関する研究協議について
号 外
6月
○千葉市の教育課題の解明をめざして ○ 平成27年度研究指定校一覧
平成26年度
NO.118
3月
○「多様な他者との協働」をめざして
○「振り返る」学習活動の充実
○これからの特別支援教育を考える
○学習意欲の向上とキャリア教育
○「児童生徒理解」の上に立った生徒指導
○今、問われる道徳教育
○学校への適応能力を高めるために
○幼児教育から小学校教育へとつなぐ
NO.117
12月
○雑感 海外派遣研修「ドイツ」
○研究指定校の実践に学ぶ
○「ありがとう」の言葉を胸に
○生徒指導の充実に向けて
○学び続ける教師
○子どもの表現を価値あるものに
○校外学習は五感をを使って
○総合的な学習の時間のススメ
NO.116
9月
○ 「自信」を持って
○ 日々の生徒指導の取組について
○ 学力状況調査の分析を授業改善に生かすために
○日本語指導通級教室の開設について
○理科教育の推進
○社会科教育の推進
○外国語における「わかる授業」の捉え方
○「交流及び共同学習」のすすめ
号 外
6月
○千葉市の教育課題の解明をめざして ○ 平成26年度研究指定校一覧
平成25年度
NO.115
3月
○「社会性」や「豊かな人間性」を育む体験的活動の充実
○自ら考え、自ら学び、自ら行動できる力をはぐくむために
○児童生徒に寄り添った生徒指導
○学校への適応能力を高めるために
○キャリア教育の推進
○身近なところから環境教育は、始まります
○幼・保・小関連教育の推進
○学び続ける教員像
NO.114
12月
○「いじめ防止対策推進法」に思うこと
○「公開研究会」に学ぶ実りの秋
○ 教師の企画力が生む学びの充実
○ 読書は楽しい
○ ものづくりは人づくり
○ 「みんなで跳んだ」
○ 農山村留学で触れた温かさ
○ 道徳の教科化の報道を受けて
NO.113
9月
○ 「やる気」で臨む授業を!
○ 市学力状況調査の活用を
○ CAN-DOリストで英語授業の改善を
○ 科学好きな子どもを育てるために
号 外
6月
○ 学校教育の課題解明をめざして ○ 平成25年度研究指定校一覧
平成24年度
NO.112
H25.3月
○「豊かな心」を育む「道徳教育」の充実について
○小中全面実施から1年が経過
○襷(たすき)を受け継ぎながら
○学習を家庭につなぐ
○進路指導・キャリア教育の充実をめざして
○子どもの学びを大切に
NO.111
H24.12月
○「体験の力」を育む
○子どもの思いによりそって学ぶ

 「クールな目とホットな心」で
○生きる力を育む宿泊体験
○初任研(若手研)を広げて
○子どもに、力をつける
○ICTのさらなる活用を
NO.110
H24.9月
○思考力・判断力・表現力をはぐくむ
○中学校学習指導要領の全面実施から
○全国学力・学習状況調査結果の有効活用を
○科学する心を育てる
号 外
6月
○学校教育の課題の解明をめざして ○平成24年度研究指定校一覧
平成23年度
NO.109
H24.3月
○「信頼される学級づくり」を
○「居場所」「絆」
○豊かな体験活動と生きる力
○図画工作科から美術科へつながる学び
○幼・保・小連携の一層の推進をめざして
NO.108
12月
○その気にさせる授業を
○児童生徒の実態に応じた指導方法の工夫・改善について
○付けたい力の明確な「言語活動の充実」を
○分析・解釈・表現する能力を身に付ける授業の工夫
○外国語活動における小中連携
○魅力的な資料の開発と活用
NO.107
9月
○伸ばすこと、我慢すること
○平成22年度児童生徒意識調査報告より
○生徒指導の意義と課題
○常に学び続ける教員でありたい
号 外
6月
○学校教育の課題解明をめざして ○平成23年度研究指定校一覧